◆人間の感情を刺激しないと何も行動しない。

賢くて、器用な人間はアフィリエイトで大成しない。

ズル賢く不器用な人間は「時間」の大切さを知り、アフィリエイトはコピーライティングがすべて!だと気付くのである。

⇒ コピーライティングとは?

⇒ 【宣言文】コピーライティングを更に極めます。コピーライティングとは?

⇒ 宝くじで4億円当てるって、きっとこんな気持ちなんですね 興奮

アフィリエイトのロジックが10年で完璧になった話

⇒ 死ぬ気で記事書いてますか?

⇒ ブログは「おしゃれデザイン」しないといけないのか?

最新情報

お客様に価値を提供するとは?

コピーライティング マインド

フィリエイトで稼ぐためにはお客様に「価値の提供をする」と言う文言を見た時があると思う。

しかし、僕から言わせていただくと、「価値の提供をする」という文言は言葉足らずに過ぎないのである。

 

つまり、「価値の提供をする」だけと言う文言だけ伝えてもパソコンの目の前にいる人間は「ポカ~ン」と口をあいて、なんとなくしか理解せず「なるほど!」とはならないし何も伝わらない。

 

イイですか?

 

そもそも、価値とは何なのか?

 

価値について深く理解してみよう!

 

 

例えば、

 

真紅の光沢でキラキラと輝きを放つ、日本の生産量半分以上を担っている青森県産「サンふじ」リンゴが目の前にあるとする。

 

「サンふじ」と言えば・・・ネット通販「楽天市場」で、長年ランキング1位を保持している有名なリンゴ。

 

また、「サンふじ」のサンの意味は、太陽のサン【san】であり、太陽の光をたくさん浴びたことを指す。

 

そのリンゴ・・・誰に紹介しても喜ばれるものなのか?

 

もし、喜ばれるのであれば「価値の提供をする」と文言は成立する。しかし、反対に、リンゴが嫌いな人には成立しないのである。

 

・・・当たり前の話。

 

ただ、ここで多くの「情弱アフィリエイター」が勘違いしていることは、喜ばれる人間のほうが多いという考え方だ。

 

だから、青森県産「サンふじ」リンゴを「素直」に紹介してしまうのである。

 

だから、商品が売れない。

 

 

・・・考えてみてくれ!

 

 

素直に紹介するという行動は、誰でも思いつく行動であり、誰でもイメージ出来てしまうわけだから当然ライバルが多いとなる。

 

故に、商品の成約と考えれば、お客様は安いほうへ、安いほうへと流れるのがセオリーなのである。

 

すなわち、そんな「情弱アフィリエイター」が簡単に思いつく戦略なんて僕からすれば「価値の提供をする」に値しない。

 

意味わかるかな?

 

お客様に「価値の提供をする」という考え方を全否定しているわけではない。ただ、言葉足らずと言いたいだけなのである。

 

だから、答えは・・・

 

「誰に」価値の提供をするか?

 

が本当の答えである。

 

「誰に」だ。

 

・・・これをターゲティングという。

 

 

では、ターゲティングとは何か?

 

ネット上にはこのように書かれている。

 

「ユーザーが事前に登録した情報やユーザーの行動分析に基づき、嗜好しこうや興味に合わせた広告を配信すること。より効果的な広告宣伝が可能。」

 

勿論、正論だ、

しかし、僕なり付け足すとしたら・・・

 

より多くの利益を稼ぐためにターゲットを絞る。

 

 

イイですか?

 

かなりマニアックな話だが、コピーライティングを行う上で「ターゲティング」は欠かせないスキルであり、ここを軽く捉えると「絶対に」稼げないのが現実なのでしっかりと学んでほしい。

 

 

「価値の提供をする」

 

この文言に足りない言葉があることを話した。

 

そう、

 

「誰に」価値の提供をするか?である。

 

誰に・・・

 

もし、この「誰に」のターゲットが貧乏人であるならば、高い商品を紹介しても買ってもらえない。

 

・・・だって、貧乏人だからね。

 

しかし、貧乏人でもコピーライティングの爆発力に気付いたアフィリエイターなら話は別だ。

 

 

イイですか?

 

 

僕の狙っているターゲットの市場は狭い。

 

本当に狭い。

 

けど、狭いが故に「おいしい市場」であることは間違いないのである。

 

また、狭い市場が「おいしい市場」でもあると知っているから。

 

更に、狭い市場でないと成功できないことを知っているから。

 

・・・巷で言えば、これを「ブルーオーシャン市場」とでも言うのだろうか。

 

それが、コピーライティングの市場。

それが、コピーライティングの凄さ。

それが、コピーライティングの爆発力。

 

 

アフィリエイトで稼ぐためにはコピーライティングスキルが絶対的に必要不可欠。

 

そして、今まで稼げなかったアフィリエイターが稼げるようになっていくのはコピーライティングに対して真剣考えたから・・・

 

また、文章を書き続けた人間が、何をやっても稼げない!成約できない!と悩んだ末に最後にたどり着くのもコピーライティング。

 

僕は、大げさにコピーライティングに対して煽っているのか?

 

いや、違う。

 

アフィリエイトで稼ぐためにはコピーライティングスキルが必要なこを実体験で知っているから、心の底から「凄い!」と言っているのだ。

 

ツールを動かし、文章を自動作成してくれるツールだけでは稼げない。

 

つまり、コピーライティングなしでは、アフィリエイトは稼げないことを体感、経験で知っているからこのような市場の狭いターゲットを絞り込むことが出来るのである。

 

意味分かりますか?

 

・・・まぁ、わからないのであれば、一生がアフィリエイトで成功することなどないけど・・・

 

「アフィリエイトはコピーライティングがすべて!」

 

この事実に気付いた人間は、より高度のスキルを手に入れようとする。だから、高い商材でも買おうとするのである。

 

それが、価値を提供するということ。

 

まとめると・・・

 

「価値の提供をする」だけの文言は言葉足らずであり、「誰に価値を提供するか?」が本質の答えである。

 

その誰とは・・・ターゲティング。

 

「ユーザーが事前に登録した情報やユーザーの行動分析に基づき、嗜好しこうや興味に合わせた広告を配信すること。より効果的な広告宣伝が可能。」

 

より多くの利益を稼ぐためにターゲットを絞る、それがターゲティング。

 

ネットで稼ぐための方法を知っている。最後にたどり着くのがコピーライティングであることも知っているから自信を持って「アフィリエイトはコピーライティングがすべて!」だと主張出来るのである。

 

・・・あなたは、この先の話も聞きたいか?

 

より高度で、プレミアムなコピーライティングのスキルを学びたいか?

 

聞きたいなら、いくらでも教える。

 

興味があるならね www

 

コピーライティングとは?

月収100万円の世界ってどんな世界?何をすれば達成できるの?

マインド

分の商品を作り売り出そうと考えている「あなた」が存在するととします。

 

気持ちとしては、「たくさん売りたい!」と考えることでしょう。

 

そして、たくさん売れれば儲かる!

・・・そんなことをイメージして商品を作ろうと試みます。

 

けど、その時点で「間違い」に気付かないといけないんですよね、はい。

 

では、今の考え方でどこが間違いなのか?分かりますか?

 

ちょっとだけ考えてみてくださいよ。

 

・・・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

・・

 

 

 

 

 

 

はい、それでは、答えは言いますね。

 

「たくさん売りたい!」

 

この部分。

 

間違っていますよね?

 

単純に物事を考えたとき、たくさん商品を売ろうと考えるのであれば、万人受けを狙った戦略をとるはず。

 

だから、丁寧に、やさしく「誰にでも」分かりやすいように活字を並べ文章化としていく。

 

勿論、それがすべて間違いだとは言いません。

 

けど、そんな「どこにでもある」商品・戦略したところで、競争率が激しいわけでですよ。

 

だって、万人が考えることですから。

 

だから、お客様は安い方、安い方へと流れていくのです。また、より安く、濃いマニュアルを手に入れようと検索してしまうのです。

 

もし、あなたの商品がこのカテゴリーに存在してしまったら、あなたの商品も安くしなけれないけなくなる・・・そんなことをしていたらいつまで経っても月収100万円の世界にたどり着けない。

 

だったら、どーするの?ってなりますよね?

 

・・・本当に「簡単」なことなんです。

ちょっと、考え方と変えればイイだけの話。

 

この世の中には、マジメで協調性があり、性格が合わない上司に対してもペコペコしなければ生きていけない人間が腐るほど存在します。

 

けど、中には、反骨精神がバリバリの人も存在します。

 

・・・今のあなたは前者ですか?後者の考え方ですか?

 

ネットにあるアフィリエイトサイト。み~んな、前者の人が書いた記事ではありませんか?

 

その中であなたも闘おうとしている。

・・・まるで、勝ち目のない勝負に挑もうとしている。

 

どうですか?

 

絶対に月収100万円なんて達成出来そうもないでしょ?

 

僕が言いたいことは、少数の人間でもある「反骨精神がバリバリ」の人間に対して商品を売れ!と言いたいのですよ、はい。

 

勿論、少数という活字だけを見るから市場が狭いと考えることでしょう。

 

でもね、その少数の心情はどんな気持ち?

 

・・・ここが分かれば、あなたでも月収100万円は達成できますよ。SEOなんて考えずにね。

 

もっと、詳しく知りたい方はこちらを読んでくださいね。きっと、今まで見たこともない、感じたことのない世界が繰り広げられていますから www

 

あなたから見える成功者と成功者から見えるあなたの違い。

マインド

に、月収100万円稼いでいる人を成功者とするならば、あなたから見る成功者はどのように見えているでしょうか?

 

きっと、サラリーマンを辞め、アフィリエイトを専業で行い、高級外車を乗り回し、高級ランチを食べ、毎日毎日楽しくてラクな生活を送っている。

 

また、人と会うときは「ビシッ」とスーツを着こなし、右手には高級な腕時計、財布の中には札束の山。

 

・・・まぁ、想像の世界なのでイメージの仕方は人ぞれぞれ。

 

けど、肝心なのは、何をすれば月収100万円と言う世界に辿りつけるのか?ということ。

 

そこをイメージ出来なければいつまで経っても月収100万円にはたどり着けないわけで・・・ただ、ただ、がむしゃらに作業をこなしただけでは到底たどり着けない領域。そして、時間の無駄なのです。

 

まずは、イメージが大事。

 

イイですか?

 

物事は簡単に考えてみてください。

 

難しく考えると月収100万円なんて夢でしかなくなりますから。

 

 

例えばです。

 

例え話です。

 

100万円の商品を毎月1つ売ることが出来れば、あなたは成功者になれると思いませんか?

 

だって、1つ売れば100万円の収入があるわけですから。

 

でも、そんなことは出来ないですよね?なぜならば、今のあなたは自分自身で100万円の商品を売ることは出来ないと思っているから。

 

イイですか?

 

考え方は「そこ」なのです。

 

なぜ、今のあなたは1つ100万円の商品を売ることは無理だと思ったのですか?

 

なぜ、躊躇したのですか?

 

なぜ、恐れ多いと感じたのですか?

 

きっと、100万円の商品価値のある知識もないし、情報も持っていない。また、自分自身が100万円を稼いでいない・・・と思っているのではないですか?

 

だから、売ることが出来ない、作ることも出来ない・・・いや、100万円の商品を作ろうともしない。

 

まぁ、これは例え話ですから・・・

 

でもね、月収で100万円を稼ぎたいと思ったら単純に1つ100万円の商品を作り売ればイイだけなんです。

 

そしたら、100万円稼げるじゃないですか?

 

・・・これがイメージなんです。

 

これを1記事書いて何百円稼げた!とか、何千円稼げた!とか、今月はトータルで何十万円稼げた!とかやっているからいつまで経っても稼げないのですよ。

 

結局、物事はシンプルに考えないと・・・そして、考えることが出来ないと成功なんて出来ないんですよ、はい。

 

勿論ね、市場の相場と言うものは存在しますよ。

 

けど、インフォ系の市場なんて元々グレーなわけだから、そこまで深く考え込まなくともイイでは?

アフィリエイトで稼ぐ方法として2つのやり方がある。

つぶやき

フィリエイトで稼ぐ方法として2つのやり方がある。

 

・・・いや、2つの方法しかない。

 

1つは、毎日必死になって記事を書かなければ月収50万円稼ぐことは不可能な方法。

 

もう1つは、1か月間、軽いメンテナンスだけで月収50万円稼ぐ方法。ほぼ、不労所得ですね。

 

あなたは、どちらの稼ぎ方を望みますか?

 

きっと、正常な人間であるならば後者の方法を望みますよね?

 

けど、前者を経験し多くの失敗を重ね初めて後者になれるのです。

 

前者の方法をすっ飛ばして後者になろうとするからいつまで経ってもアフィリエイトで稼げないのです。

 

人は皆、ラクをして稼ぎたいと考えます。

 

でも、失敗なくして成功はあり得ないことを早めに気付きましょうよ。

当時の上司と今出会ったら何を思い、何を感じるだろうか?

つぶやき

まに「ふっ」と、こんなことを考えることがある。

今現在の僕が、若い頃たくさんの教えを頂いた上司と会ってしゃべったら何を感じるのだろうか・・・と。

 

勿論、今の僕があるのは当時の上司のおかげ・・・でも、今会ったら「すげ~」と心の底から思うのか?

 

きっと、向こうも成長していると思うので、最初は手探り状態で見て来るとは思うが、それでも、何となくだけど「良き思い出」の方がよさそうな気がする。

ページの先頭へ