フィリエイトで稼ぐためにはお客様に「価値の提供をする」と言う文言を見たことがあると思う。

しかし、僕から言わせていただくと「価値の提供をする」という文言は言葉足らずに過ぎないのである。

 

つまり、「価値の提供をする」だけと言う文言だけ伝えてもパソコンの目の前にいる人間は「ポカ~ン」と口をあいて、なんとなくしか理解せず「なるほど!」とはならないし何も伝わらない。

どうでしょうか?

あなたの中で「価値を提供する」ということを心の中から理解してるか?

理解しているならこの先は読まないでくれ!

しかし、心底分からない人は、ぜひ、読んでいってくれ。

 

そもそも、価値とは何なのか?

例えば・・・

真紅の光沢でキラキラと輝きを放つ、日本の生産量半分以上を担っている青森県産「サンふじ」リンゴ

・・・が、あなたの目の前にあるとする。

 

「サンふじ」と言えば・・・

ネット通販「楽天市場」で、長年ランキング1位を保持している有名なリンゴ。

「サンふじ」のサンの意味は、太陽のサン【san】であり、太陽の光をたくさん浴びたことを指す。

 

そのリンゴ・・・誰に紹介しても喜ばれるものなのか?
すべての人間に紹介しても喜ばれるリンゴなのか?

 

もし、喜ばれるのであれば「価値の提供をする」と文言は成立する。
しかし、反対に、リンゴが嫌いな人には成立しないのである。

 

・・・当たり前の話。

 

ただ、ここで多くの「情弱アフィリエイター」が勘違いしていることは、喜ばれる人間のほうが多いという考え方だ。

 

だから、青森県産「サンふじ」リンゴを「素直」に紹介してしまうのである。

 

だから、商品が売れない。

 

 

・・・考えてみてくれ!

素直に紹介するという行動は、誰でも思いつく行動であり、誰でもイメージ出来てしまうわけだから当然ライバルが多いことになる。

故に、商品の成約と考えれば、お客様は安いほうへ、安いほうへと流れるのがセオリーなのである。

すなわち、そんな「情弱アフィリエイター」が簡単に思いつく「戦略」なんて僕からすれば「価値の提供をする」に値しない。

 

意味が分かるかな?

 

お客様に「価値の提供をする」という考え方を全否定しているわけではない。
ただ、言葉足らずと言いたいだけなのである。

 

だから、答えは・・・

 

「誰に」価値の提供をするか?

が本当の答えである。

 

「誰に」だ。
「誰に」と言うところがミソなのである。

 

・・・これを「ターゲティング」という。

 

では、ターゲティングとは何か?

ネット上にはこのように書かれている。

「ユーザーが事前に登録した情報やユーザーの行動分析に基づき、嗜好しこうや興味に合わせた広告を配信すること。より効果的な広告宣伝が可能。」

 

勿論、正論だ、

しかし、僕なり付け足すとしたら・・・

 

より多くの利益を稼ぐためにターゲットを絞り
価値を提供する。

 

どうでしょう?

的を得ている回答ではないか?

 

イイですか?

 

ココからは、かなりマニアックな話だが・・・

コピーライティングを行う上で「ターゲティング」は欠かせないスキルであり、ここを軽く捉えると「絶対に」稼げないのが現実なのでしっかりと学んでほしい。

 

先ほど・・・

「価値の提供をする」

この文言に足りない言葉があることを話した。

 

そう、

 

「誰に」価値の提供をするか?である。

 

「誰に」・・・

 

もし、この「誰に」のターゲットが貧乏人であるならば、高い商品を紹介しても買ってもらえない。

 

・・・なぜなら、貧乏人だからね。

でも、貧乏人でもコピーライティングの爆発力に気付いたアフィリエイターなら話は別だ。

 

イイですか?

 

僕の狙っているターゲットの市場は狭い。

 

本当に狭い。

 

けど、狭いが故に「おいしい市場」であることは間違いないのである。

また、狭い市場が「おいしい市場」でもあると知っているから。

更に、狭い市場でないと成功できないことを知っているから。

 

・・・巷で言えば、これを「ブルーオーシャン市場」とでも言うのだろうか。

 

それが、コピーライティングの市場。

それが、コピーライティングの凄さ。

それが、コピーライティングの爆発力。

 

アフィリエイトで稼ぐためにはコピーライティングスキルが絶対的に必要不可欠。

そして、今まで稼げなかったアフィリエイターが稼げるようになっていくのはコピーライティングに対して真剣考えたから・・・

また、文章を書き続けた人間が、何をやっても稼げない!成約できない!と悩んだ末に最後にたどり着くのもコピーライティング。

 

僕は、大げさにコピーライティングに対して「あなた」を煽っているのか?

 

いや、違う。

 

アフィリエイトで稼ぐためにはコピーライティングスキルが必要なことを実体験で知っているから、心の底から「凄い!」と言っているのだ。

 

ツールを動かし、文章を自動作成してくれるツールだけでは稼げない。

そんなに甘くはない!

 

つまり、コピーライティングなしでは、アフィリエイトは稼げないことを体感、経験で知っているからこのような市場の狭いターゲットを絞り込み「価値を提供する」ことで稼げるということなのだ。

 

意味分かりますか?

 

・・・まぁ、わからないのであれば、一生がアフィリエイトで成功することなどないけど・・・

 

「アフィリエイトはコピーライティングがすべて!」

 

この事実に気付いた人間は、より高度のスキルを手に入れようとする。だから、高い商材でも買おうとするのである。

 

それが、価値を提供するということ。

 

まとめると・・・

 

「価値の提供をする」だけの文言は言葉足らずであり、「誰に価値を提供するか?」が本質の答えである。

 

その誰とは・・・ターゲティング。

 

「ユーザーが事前に登録した情報やユーザーの行動分析に基づき、嗜好しこうや興味に合わせた広告を配信すること。より効果的な広告宣伝が可能。」

 

より多くの利益を稼ぐためにターゲットを絞る、それがターゲティング。

 

ネットで稼ぐための方法を知っている。最後にたどり着くのがコピーライティングであることも知っているから自信を持って「アフィリエイトはコピーライティングがすべて!」だと主張出来るのである。

 

・・・あなたは、この先の話も聞きたいか?

 

より高度で、プレミアムなコピーライティングのスキルを学びたいか?

 

聞きたいなら、いくらでも教える。

 

興味があるならね www

 

コピーライティングとは?