ピーライティング・・・

 

この言葉だけを見ると、堅苦しくもあり、難しくもあり・・・なんだか極めるのに「メンドクサイ」イメージってありませんか?

 

でも、実はそんなに難しいものでもないですし、考えようでは非常にシンプルなのです。

 

コピーライティングを上達させるたった「1つ」の方法「結論」を先に言えば・・・

 

コミュニケーション。

 

つまり、この記事を読んでいる「あなた」と「僕」が記事の中でコミュニケーションが取れればいいだけの話。

 

書けない人と言うのは、自分の主張ばかりを語り、パソコンの前にいる「あなた」を無視して記事を書いています。

 

また、大衆性を気にして記事を書いています。

 

・・・それでは、いつまで経ってもコピーライティングスキルを上達させることは出来ないのです。

 

例えば、人間対人間。

 

お話をすれば、きちんとした「会話」が成立しますよね?

 

A:ラーメン食べたくない?

B:食べたいね~

 

・・・なら会話が成立しますが、

 

A:ラーメン食べたくない?

B:食べたくない!

 

・・・なら会話がストップ。

 

まぁ、例えが短すぎて分かりにくいかもしれませんが・・・

 

こんな感じで記事でも「あなた」と「僕」が会話できれば、それでコピーライティングが成立するのです。

 

・・・簡単だと思いませんか?

 

だから、しゃべっているような感覚で記事を書けばいい。ただ、それだけの話なんです、コピーライティングは。

 

・・・ただね、勘違いしてほしくないのは、しゃべっているように書いているからと言って100人中、100人全員に伝わるわけではないのです。

 

その中の1人でも伝われば、それでいいのです。

↑ここ非常に重要

 

これを商品をたくさん売りたいがために100人全員に伝えたい記事にしたらどこにでもある「しょうもない」記事になってしまうのです。

 

・・・だって、気の合う友達ってそれほどいないでしょ?

 

100人中100人全員が友達って、なんか違和感しか感じないでしょ?

 

あと、大事なことは、パソコンの前にいる「あなた」が何を考えているのか?ということが重要になります。

 

いわゆる、心理っていうやつ。

 

その心理を理解しなことには、記事の中での会話は成立しませんので。

 

心理を知るためにアフィリエイターから絶大な人気を得ている書籍

 

・・・ここで、1つ面白い話をしますね。

上記の記事で大事な文章は「どこ」だと思いますか?

 

まぁ、考え方によっては1つではないのですが、ワザとズラしたような書き方をしたのです。

 

 

さぁ~どこでしょうか?

 

 

・・・大したことではないので答えをすぐに書きますが、ココの部分。

 

まぁ、例えが短すぎて分かりにくいかもしれませんが・・・

 

この文章は、きっと、あなたの心理をズバリ的中させた文言になります。

 

だって・・・

 

A:ラーメン食べたくない?

B:食べたいね~

 

・・・って、会話として短いでしょ?

 

だから、例えが雑!短い!と「あなた」が心の中で感じているだろうと、ワザと書いたのです。

 

これが、コピーライティングであり、心理。

 

滑らかに会話しているように記事を書くということは、読んでいる人の感情を手のひらで転がす・・・

 

要は、先読み!?的な考え方かな?そして、人間の心理を理解することが、コピーライティングスキルの上達法の「1つ」。

 

まとめ

コピーライティングを上達させるたった「1つ」の方法とは・・・

 

記事の中で会話する・・・コミュニケーション。

 

そのためには、パソコンの前にいる「あなた」と「僕」でしゃべっているように記事を書く。重要なのは、「あなた」が僕の記事を読みながら心の中で感じていることを活字で起こし「わざわざ」書くと言うこと。

 

そうすれば、「あなた」は「はっ!」となり、「僕」の手のひらでコロコロと転がされていくのです。

 

そのために必要になってくる知識は「心理」。詳しく言えば「人間行動心理学」となります。

 

では、今日はこの辺で www

 

心理を知るためにアフィリエイターから絶大な人気を得ている書籍

             

お勧めコンテンツ一覧

独自特典・企画

どこにも書かれていない独自情報。入手した人からはたくさん感謝のコメントを頂いております。

 

特筆記事

メルマガ登録で読める特別な記事になります。

 

独自メルマガ

独自メルマガでは、あなたが今まで購読してきたメルマガを逸脱するであろうことが書かれています。きっと「虜」になると思います。

 

脳みそを揺さぶる衝撃!僕の人生に「正解」を示してくれた書籍。

この書籍を読んで、自分の思考・思想・心理が間違っていないことに気付きました。