毎朝、鏡を見て・・・

 

歯を磨き、髭を剃り、鼻毛が出ていないか口元に力を入れ確認する、
また、脇の汗を右手で拭い、体臭が鼻を刺す悪臭ではないか?確かめてしまう。

 

そして、顔にニキビができていればファンデーションを塗りたぐり、他人からバレないように隠そうとする・・・

 

恋人と会う日なんて、キスのことを考えれば鼻の上の毛穴まで気にし過ぎるあまり、乳液タイプのファンデーションで例え高額な商品でも後先考えずに補正するだろう。

 

それは、他人からよく見られたい、嫌われたくない、恥ずかしい思いをしたくない、かっこよくありたい、綺麗でいたい・・・

 

そんな生き物が人間であり、
ナルシストである。

 

 

しかし、成功者の考え方は、
ちょっとだけ異なる。

 

 

ナルシストであることは間違いないが、
万人から「よく見られたい」と考えて行動は起こさない。

 

 

大げさに言ってしまえば・・・

 

歯を磨かなければ99人に「臭い、汚い、歯カスが付いている」などの理由で嫌われるが、「歯なんて磨かなくても生きていける」と言ってくれる人を「1人」見つければ、わざわざ歯を磨こうとはしない。

 

鼻毛がたくさん出ていようと1人から「鼻毛なんて出て当たり前」と考えている人を見つけることが出来ればわざわざ抜く作業なんてしないだろう。

 

鼻上の毛穴が全開でも、「化粧しない素顔のほうが好きだ」と言ってくれる人を見つけることが出来ればわざわざ隠そうとはしないだろう。

 

 

つまり、凡人と成功者の違いは・・・

「誰か」に見られることを気にするのが「凡人」で、

「誰に」見られているか気にするのが「成功者」なのである。