niki_vogt

 

市場に見える景色。

それがあなたの実力であり価値。

 

もし、僕が綴る活字が尖がっている様に見え、非常識の景色ならあなたの価値はそれまでだ。

 

なぜ、こんな活字を綴るのか?

それは、意味があり意図があるからだ。

 

そして、理由と根拠があるから「有限な時間」を費やして綴るのだ。

 

 

今、あなたが見ている景色。

誰かを崇め、誰かを信用し、誰かを信頼。

 

その「誰か」は、本当に「本物」なのか?

 

この市場で生き抜いていくためには、
「本物」を見極めなくてはいけない。

 

 

もしかしたら・・・

もう既に出会っているかもしれない・・・笑

 

ただ、「見極められるか」が重要なのである。