1年間記事を書き続けて「1円」も稼げなかった・・・

 

なんか、グーグルアドセンスの情報を検索しているときに、こんなコメントに出会った。

 

僕的には、信じられません。

 

あり得ない話・・・

 

・・・もしかしたら、この記事を読んでいる「あなた」もこのような結果になってしまっているのですか?

 

僕の「独自特典」でグーグルアドセンスで稼いでいるブログを公開しているのですが、持論としては「書けば稼げる!」です。

 

独自特典・企画

 

でも、書いても、書いても稼げない状況下にあるのでしたら、きっと答えは明確なのでは?

 

イイですか?

 

記事を書く!という行為は「労働」です。

 

本来、労働とは、対価を頂かなくてはなりません。

 

そう考えた場合、記事を書くという労働に対して賃金が発生していない・・・いわゆる、タダ働きとなる。

 

・・・これが嫌なら、稼げるような記事の書き方「コピーライティング」を一早く学んだ方が効率的ではないだろうか?

 

アフィリエイト稼ぐための基礎・スキル「コピーライティング」とは?

 

・・・ちなみに、巷ではこんな記事を見ることが多いと思う。

 

トレンドアフィリエイトに挑戦したのはいいけど、記事を書いても、書いても、話題の旬が過ぎるとアクセスが急激に集まらなくなる。

 

だから、トレンドアフィリエイトはやめた方がイイと・・・

 

勿論、何一つとして間違っていない正論である。

 

しかし、記事を書いて稼げることを「体感」しないことには、どんな記事を書けば集客でき、どんな構成なら反応が高いのか?がいつまで経っても分からない。

 

僕の当ブログでは「仕組み」を提唱していて成功しているが、トレンドアフィリエイトをやることに全否定は出来ない。

 

だって、稼ぎたいがためにアフィリエイトをしているのに、旬な時期が過ぎたら集客出来なくなるからやめた方がイイ・・・と成功者から言われれば「1番簡単な方法」へ導き出せなくなるから・・・

 

つまり、トレンドアフィリエイトと言うのは、アフィリエイトで稼ぐためには「1番簡単な方法」であり、正直、誰でも稼げる手法でもある。

 

イイですか?

 

僕的には、トレンドアフィリエイトと言うのは、書けば稼げる・・・書かなければ稼げない。

 

つまり、労働。

 

でも、労働してもネットで稼げていることは間違いのない事実。

 

後にその経験が、書かなくても稼げる状態にしたいという「感情」が誰でも芽生えてくるはず。

 

そうなったときに、トレンドアフィリエイトの記事を書きつつ、仕組み制作をすればいいのではないのか?

 

勿論、忙しくはなるだろう。

 

けど、書けば稼げる状況下に自分の身を置けるようになれば、何も怖いことはない。

 

だって、単純明快で、記事数を増やせば稼げる額も増えるのだから。

 

サラリーマン的に考えてみてごらんよ。

 

1日8時間は働くでしょう?

 

じゃ、8時間、記事を書き続けることだって本来は可能なんですよ。ただ、あなた自身が「心にブレーキ」を勝手にかけているだけであって。

 

アフィリエイトをきちんとした「ビジネス」として捉えられるのであれば、1日8時間記事を書くことは「普通」となりませんか?

 

副業と考えれば、きついのかもしれない。

 

でも、最初は何でもきついんですよ・・・はい。

◆記事を書くことが「労働」になっていると感じている人。

◆アクセスが下がることで記事を「書かされている」人。

◆アフィリエイトのゴールが見えなくて「迷走」している人。

◆自分は本当に「価値」を与えているか不安な人。

◆今やっている作業が本当に正解なのか?悩んでいる人。

ネットビジネス(アフィリエイト)業界には、ある法則が存在します。大衆が、なぜ、同じ方向を目指して成功しようと突き進むのか?ということです。向かっている先に、あなたの求めている「自由」はそこに存在するのでしょうか?


世の中の9割は社畜です。


その9割は同じ方向を目指して成功しようと考えるのが筋なんです。だから、ネット上には、モノマネブログがたくさん存在する。  


これを「バンドワゴン効果」と言います。


きっと、あなたの見ている成功者は、バンドワゴン効果の頂点です。戦って勝つのではなく「戦わないで勝つ」・・・そして、商品を「欲しがらせる」・・・斜め上の思考が高額商品を売るための秘訣だ。これが、1番簡単に成功できる法則なのです。




「斜め上の思考」の思考を学ぶ

※メルマガ登録でPWを取得し「特筆記事」が読めるようになります。