著作者: JoshArdle Photography

なたは、アフィリエイトで稼ぐために
コピーライティングの可能性を「軽視」してはいないだろうか?

 

重く・・・

 

そして深く、

 

コピーライティングの重要性に気付いているだろうか?

 

・・・きっと、それほど「大事」とは思っていない気がする・・・

 

もし、あなたが「大事」だと認識できているのであれば、
アフィリエイトで稼げないことなどあり得ない

 

つまり、今のあなたが稼げないのは、
コピーライティングを知らない、もしくは勉強していないとなるのです。

 

 

どうですか?

 

 

 

どうでしょうか?

 

 

 

 

 

もしかしたら、図星?

 

いやいや、

図星ではない。

 

 

 

 

 

きっと・・・

 

 

 

 

コピーライティングから「ただ」逃げている・・・
記事を書くことから逃げている・・・

 

 

 

メンドクサイから・・・
記事を書くことが・・・

 

 

 

 

もっと、ラクな方法は無いか?

記事を書かないで稼げる方法は無いか?

PSWみたいなツールを使えば自動で記事を作成してくれるから「ラク」に稼げそう・・・

 

 

・・・でもね、

 

 

 

 

 

記事を書くことから逃げてたら
アフィリエイトで稼ぐことは絶対に無理なんですよ。

 

 

マジで。

 

 

 

 

だって、

 

 

 

 

お客様ってなんで商品を買うんですか?

 

記事を読んで買うんですよね?

だったら、記事の書き方を勉強するのは「当然」なんですよ。

 

けど、

 

逃げて、逃げて、逃げて、勉強しないで稼ごうとする・・・

 

 

無理でしょ?

 

 

無理なんですよ。

 

 

アフィリエイトってそんなに温いビジネスだと思っているのですか?

 

違いますよ。

 

必死に勉強した人しか稼げない、立派なビジネスが「アフィリエイト」なんですよ。

 

コピーライティングの可能性

 

でね、この記事であなたに伝えたいことは、
アフィリエイトで稼ぐためには、コピーライティングが必須なんだよってこと。

 

これからアフィリエイト勉強を始める人も、中々成果が出せない人も・・・コピーライティングの可能性に気付くことが出来れば、誰でも稼げるよって話。

 

 

いいですか?

 

もう1度言いますよ。

 

コピーライティングの可能性に気付くこと。

コピーライティングを勉強すれば「誰でも」稼げるよってこと。

 

言葉

 

人間が、他人とコミュニケーションを図る際に用いられるもの。

それは、「言葉」である。

 

日常的な会話である「おはよう」にしても、元気?昨日何してた?あの番組おもしろかったよね?あの娘、かわいいよね?あの娘とヤリたいんだよね?

 

すべて、言葉によってコミュニケーションを図るのです。

 

そう考えると、「言葉」でしか、お互いを深く理解できないし、
分かり合うことも、気持ちを伝えることも出来ないわけです。

 

LINEやツイッターなどを使って、友達と文字と言う「言葉」を交わしますよね?

 

手紙を使って「言葉」を綴る場合もありますよね?

 

・・・すべては、言葉なんです。

 

では、更に深く・・・

言葉の「裏側」について伝えていこうと思います。

 

まず、言葉に隠れているものは何なのか?

 

理解し、考え、そして紐解いてしまえば
コピーライティングの重要性に気付けるのではないか?

 

言葉でコミュニケーションを図ると言うことは、
そこには、「しゃべる」と言ったツールが頭に浮かぶだろう。

 

なぜなら、先ほど、「日常的」という言葉を使ったために、
あなたに「しゃべる」といった動画が頭の中で描かれたからである。

 

でも、「おはよう」」と誰に伝えたのか?

 

友達なのか?上司なのか?お母さんなのか?お父さんなのか?

 

それとも、ペットの「ワンちゃん」なのか?

 

 

つまり、僕が「日常的」という言葉を使っただけで、
しゃべりを使った色々な場面があなたの中で想像できてしまう・・・

 

これは、人間だからなのか?

 

 

いや違う・・・

 

 

動物でも、虫でも、アリでも・・・何か言葉に変わる何かは存在する。

 

人間でいる限り「言葉」という認識がありますので、
動物界に「言葉」という言葉は無いのです (きっと・・・)

 

そう考えると、世界の共通語である「言葉」、
これは、日常的会話で使う以外にも利用できるのではないか?

 

 

例えば、営業マン。

営業マンは、職業柄、セールストークを日ごろから学び、実践している。
なぜなら、自社の商品を売らなければ給料は貰えず、生活が出来ないからだ。

 

すなわち、仕事としてセールストークは、「当たり前」に磨かなければならない。

 

そこで、この話にまた戻ってしまう。

 

「しゃべる」

・・・言葉である。

 

営業マンはしゃべると言った言葉をツールとして使い、
それ生かして自社の商品をセールスする。

 

しかし、言葉を使ってセールストークを磨いたとしても、
「結果がすべて」の世界が営業マンですので、売らなければただのクズ。

 

だから、必死になってセールストークを磨き、
どうしたら商品が売れるのか努力するわけです。

 

その努力は、生活のためなのか、家族のためなのか、会社のためなのか分かりませんが、とにかく、商品を売ることが仕事の営業マン。

 

しかしですよ・・・

 

営業マンは、お客様が存在して成り立つ仕事のため、
しゃべらないとセールスも出来ない。

 

つまり、寝ている人間にはトークはできないとなる。

 

そう考えれば、時間限定の仕事が営業マンとなりませんか?

 

 

 

営業マンは、言葉を「対人」にしか使えないのである。
百歩譲って「メール」でもセールスは可能ということは、議論しない。

 

人間は、必ず寝る生き物。
寝ないのはこの世でこの人しかいない・・・

 

akasiya

 

「明石家さんま」・・・だけではないだろうか!?笑

 

つまり、

 

明石家さんま以外の人間は、必ず睡眠をとりますので、お客様が寝ている間は、営業マンの武器であるセールストークは一切使えないのである。

 

・・・そう考えると、どれほど優秀な営業マンだろうと、寝ているお客様にはセールスを仕掛けられないので、どれほどトークを磨いても、そのスキルは「時間限定」となってしまうのである。

 

では、

セールスと言う言葉・・・

 

この言葉を24時間活用する方法は無いだろうか?

日本には1億2千万人(2016年現在)の人間がいます。
そこには、昼型と夜型の人間が存在します。

 

  • 昼型・・・管理職サラリーマン、保母さん、水泳のコーチ、など・・・
  • 夜型・・・キャバ嬢、銀座のママ、夜勤労働者、夜勤看護婦 など・・・

 

1日24時間の中で生きているわけですので、
時間の使い方は多種多様・・・

 

そこに、決まりごとなどなく、みんな「自由」に生きているはずなのです。
つまり、24時間の間で、必ず、1億2千万人が寝ていると言うことはない。

 

もし、仮に1億2千万人が寝ていると考えるなら、日本が沈没した時、もしくは地球全体が滅びた時・・・それしかありませんよね?

 

 

言葉・・・

 

・・・この裏側を語るためにここまで話してきました。

 

今回の記事タイトルは覚えているだろうか?
もしかしたら、僕の書く「言葉」によって忘れてしまっているのではないか?

 

・・・どうですか?

 

 

 

 

コピーライティングの可能性。

 

これが、この記事のテーマです。

 

 

今日の話・・・

 

ここからがもっとも大事で、ここを理解できれば、あなたはコピーライティングの可能性に「気付く」ことが出来ます。

 

コピーライティングの可能性に気付き・・・

アフィリエイトで稼げないのはコピーライティングを学ばないから・・・

「言葉」に対して軽視していることに気付く・・・

 

何事も「気付く」ことが出来なければ人間は「本気」になれません。

 

ディズニーランドが夢の国であるように、
あなたをこれから夢と言う現実に招待したいと思います。

 

今からトイレに行き、
この記事を最初から目を見開いて読んで頂きたい。

 

 

なぜなら、今から「結末」を話すことはあなたに伝えました。

 

 

結末を知るにあたり、1度トイレに行って用を済ませることは、「気合い」が入ると言うこと。また、これから読み記事の妨げを解消できる。

 

それだけ、これから話すことは、あなたの人生を変えるかもしれない・・・

 

よって、アフィリエイトで稼げるようになる、

 

それぐらい重要かつ必須。

 

これまで、言葉について話してきましたが、

 

これまでは序章に過ぎません。

 

これからが本番、これからが本当の始まり・・・

 

 

では、行きますよ。

 

 

 

 

 

行かせて頂きます 笑

 

 

 

 

僕は、今でも、1日も欠かさず文章を書き続けています。

 

雨が降ろうと、雪が降ろうと、風邪をひいて寝込んでいても・・・

 

日によっては、5文字のときもあれば、
1日で、3万文字を書くこともある。

 

それは、文章を書き続けることで、コピーライティングスキルが上がり、一生、お金に困らない生活を手に入れることが出来ると言う、確信があるからです。

 

この確信を手に入れるためには、コピーライティングの可能性に気付かなければなりません。なので、書く、書く、書く、これが近道だと経験で分かっています。

 

書くことで「体に覚えさせる」。

 

元BOOWYの布袋寅泰も言っていました。
「僕にとってのギターは血」だと。

 

つまり、アフィリエイトで稼ぐためには、
コピーライティングが「血」にならなければならない、そう考えたのです。

 

布袋寅泰はギターという、「手に職」があるからご飯が食べれます。
僕もコピーライティングがあるからご飯が食べれるのです。

 

 

あなたはどうですか?

 

 

「手に職」はありますか?

 

 

どうせ、社畜として働き、上司からこき使われ、「手に職」どころか、あなたの代わりの人間なんていくらでもいる仕事ではないですか?

 

「そんなことない!」と言うのでしたら・・・

 

考えて頂きたい。

 

所詮、社畜人間のやる仕事なんて誰でも出来るのですよ。

 

 

あなたは、こんな状況に出くわしたことがありませんか?

 

友人や同僚の退社。

 

退社した時に、その人しか出来ないと思っていた仕事が、
時間と共に誰かが代わりに出来るようになっていませんか?

 

「俺がいないと誰も出来ない!」と声を大にして言っていた奴が、
突然熱を出して休んだとしても誰か代わりにその仕事をやりませんか?

 

もしくは、「なんとかなる」もんじゃないですか?回りませんか?

 

つまり、社畜のやる仕事なんて所詮誰がやっても出来るのです。
今あなたのやっている仕事も、あなた以外の人、誰でも出来ちゃうんですよ。

 

例え、変わりの人が出来ない仕事でも時間をかけて育てれば何とでもなるのです。

 

要は、何が大事かと言うと、

 

「コア」。

 

 

「コア」な仕事を選べば選ぶほど、スキルを身に着けるのに時間がかかり、ライバルも少ないのです。

 

でも、「コア」な仕事ほど、極めるのは難しい。

 

コピーライティングもその1つ。

 

しかし、コピーライティングの良いところは、「収入に上限がない」ということ。
つまり、売れる記事さえ書ければいくらでも稼げると言うこと。

 

社畜の仕事と比べればどちらを極めればいいか一目瞭然ではないか。

 

つまり、

 

現在在職中の仕事を定年まで頑張ったとして
最終的に年収が3,000万円以上になりますか?ってことなんです。

 

3,000万円と大きく出ましたか?

 

そんなことはありません。

 

コピーライティングはそれだけ稼げるスキルなのです。

 

あなた、年収3000万円稼げる職業はご存知ですか?

外資系、開業医、芸能関係(ごく一部)、弁護士(ごく一部)、
会計士(ごく一部)、ある程度大きな会社の社長や代表取締役

 

世の中にはこれしかないのです・・・

 

でも、あなたはコピーライティングというとんでもない「ワード」を知ってしまった。

 

それは、紛れまなく年収3,000万円を稼げる職業なんですよ。

 

巷では、コピーライターとも言いますが、それは、糸井重里くらいのレベルに達する人間でないと年収3,000万円なんてなれません。

 

しかし、僕のやっているコピーライティングは、

情報アフィリエイト。

 

記事を書いて、ただ、読者の心を揺さぶり、行動させ、操作する・・・

悪い言葉を使えば、「虜」にする技術。

 

 

それが、コピーライティングなのです。

 

 

 

 

あなたは、気付けていますか?

 

コピーライティングの威力を。

 

 

 

 

 

あなたは、気付けていますか?

 

人間心理を知ることでの対価を。

 

 

 

 

 

あなたは気付いていますか?

 

凡人でも社畜でも、年収3,000万円以上稼げる可能性があるスキルがコピーライティングであることを。

 

 

気づいている人間にはチャンスがたくさん巡ってくるわけです。この時代の転換期に旧来の社会システムの破たんに気付かず、ぼんやりしていれば他人から搾取されるだけなのです。それが良い悪いという話ではありません。僕が言いたいのはこれは歴史上で繰り返されてきた事実だということです。

堀江貴文 (ホリエモン)

 

コピーライティングとは?