「コラム」の記事一覧

最近、腹筋が痛くなるほど「笑い」ましたか?

コラム

近、笑ってますか?

 

腹筋が痛くなるほど・・・

 

まぁ、ツボに入ってしまう笑いは突然訪れるので、
「これおもしろいよ!」と言われても
あなたが面白いかは別問題・・・

 

僕・・・

最近、笑いました。

 

腹筋が痛くなるほど・・・

 

腹痛くなりました・・・死ぬほど www

 

アフィリエイト、アフィリエイト・・・

稼ぐ、稼ぐ、稼ぐ・・・

新たな情報を探す、探す、探す・・・

 

まぁ、それだけ集中して没頭しているということで悪くはないですが、たまには腹筋が痛くなるほど笑った方がいいなぁ~と改めて思いました。

 

で、何で笑ったか?

 

本当にくだらないですが、紹介しますね。

 

「内村さまぁ~ず」でしょうか?

 

ふかわりょうとつぶやきシローがゲストで、濃いドーランを塗られていることに気付かないつぶやきシロー。そして、その隣で、永遠にしゃべり続けるふかわりょう。

 

 

 

内村はメガネを取り大笑い。

三村と大竹も大笑い。

 

僕も釣られて大笑い。

 

そして、濃いドーランを塗られたつぶやきシローの顔を見たふかわりょう・・・「濃くない!?」

 

メイクさんが「さまぁ~ずさんも日焼けして色が黒いので・・・」

 

つぶやきシロー「別に合わせなくてもいいからぁ~」

 

爆笑です。

 

ドッキリですけど爆笑でした。

 

同シーンを見られて腹筋が痛くなるほど笑った人は教えてください。

 

 

 

↑ 内村さまぁ~ず#214 『最近な~んかお笑いを忘れているふかわとつぶやきをこっちの世界に引き戻したい優しい内村さまぁ~ず!!』

 

では。

 

 

 

成功するためには、 「一貫性」を貫き通さなければならない。

コラム

前回の記事で内藤哲也のことを絶賛したのはいいのですが、
内藤本人の心境を考えたときに、ちょっと怖いことを思ったんですよね。

 

【前回記事】 もっとカッコつけろ!内藤哲也のように。男なら男から愛されろ!

 

まず、この「ヒール役」が新日本プロレスファンにハマらなかったらどうしようか?という恐怖。

 

単身でメキシコに行きロス・インゴベルナブレスを持ち帰ってきて「自由」なプロレススタイルを約8か月前にやったじゃないですか?最初は、ブーイングの嵐で、内藤自身の心境は、おそらく恐怖もあったのではないかと思うのです。

 

もし、ファンから受け入れられなかったら、プロレス人生が終わるかもしれない・・・10年のキャリアが全部水の泡・・・そう考えると、マジで「一大決心」であったと思うんです。

 

僕みたいなアフィリエイターは、1つのブログを立ち上げそのブログを1年間育て、仮に5万円しか稼ぎだすことが出来なかったら、次のブログってやり直せたりもするじゃないですか?

 

でも、プロレスに限らずメディアで活躍するということは、「思い切ったことをやる」だけ勇気と根性が必要で、尚且つ、センスも実力も必要になるわけ。

 

つまりね、矢野透みたいな選手は、実力はないけど、パフォーマンスで活躍できる・・・センスですよね。

 

内藤は、実力もあるし人気もある。

 

そして、棚橋から「次世代エース」とも言われてて、ある意味、約束されたレールはあったのですよ。

 

けど、それを蹴ってヒール役・・・

 

これって、相当な勇気が必要だったのでは?と思うのですよね。

 

僕もね、8か月前に、「とあるAブログ」に出会い、コピーライティングの可能性を更に知ることができ、2016年3月にとんでもないバケモノに遭遇して変われたんです。

 

そこから、売り上げ10倍以上ですよ。
考えられないでしょ?

 

でね、なんでそんなに変われたか?
客観的に考えたら・・・結局3つのことを貫き通しただけだったんですよね。

 

勿論、内藤哲也も同じ考えだったから成功できたんだと【僕】は思っています。

 

では、その3つ・・・

 

■ 現状から飛び出す勇気
■ みんなが右を見たら左を見るセンス
■ 一貫性を貫くこだわり

 

この3つなんですよね。

 

バケモノもそう言っています。

 

内藤哲也選手もこの3つを徹底しましたよね。

 

 

■ 現状から飛び出す勇気

棚橋から「次世代エース」とも言われてて、ある意味、約束されたレールはあった。

 

しかし、単身でメキシコに行きロス・インゴベルナブレスを持ち帰ってきて「自由」なプロレススタイルを確立させ、「ヒール役」を演じる勇気

 

■ みんなが右を見たら左を見るセンス

カメラマンに攻撃する、不貞腐れた態度、金蹴りなど親日本プロレスに高橋裕二郎っているけどそれよりも上に行く徹底した「ヒール役」。

 

まさに、実力者の演じるセンス

 

■ 一貫性を貫くこだわり

8ヵ月前から始めた、制御不能なプロレススタイル。
「トランキーロ」と叫んでも、会場は、ブーイングの嵐。

 

けど、一貫性を貫き通し、徐々にファンを味方につけ「IWGP」を奪取。

 

 

イチローの名言にも「一貫性を貫く」ことへのこだわりに関連する言葉があります。

 

何かを長期間、成し遂げるためには、考えや行動を一貫させる必要がある。

 

例え、プロレスでもアフィリエイトでも成功するためには、「一貫性」を貫き通さなければならない。

 

これ・・・深いですから、しっかり頭に叩き込んでくださいね。

もっとカッコつけろ!内藤哲也のように。男なら男から愛されろ!

コラム

いつ、やばくない!?
として「かっこいい」よね?
が、かっこいいかって?

 

インタービューで「正論」しか言わないし、
必殺技である「デスティーノ」は、センスあるし見応えあるし、
たまに見せる「変形デスティーノ」は運動神経があるから成せる技だし、
試合終了後のマイクパフォーマンスは、お客さんを「虜」にしているし・・・

 

にわかファンで夜中に放送しているテレビでしか見てないけど、
先日の「オカダ・カズチカ戦」なんて鳥肌モン。

ミーハーだよね、・・・そんなの知ってるよー。

 

けどね、

 

なぜか応援したくなる・・・この気持ちを抑えられないんだよね。
今の僕の心境は、「ブログやっててよかったー!」ってー。

だって、こんな感じで思いの丈を存分に書けるからね。
これって嬉しいことじゃん。

アフィリエイトとプロレスじゃーまったくカテゴリーが違うけど、
僕は、僕であり、僕の思うがままに記事を書く。

それが、「自由」ってもんだよね。

 

日本は、「言論の自由」である国なわけだから、
正直、なんでもアリじゃねーか?
犯罪、詐欺、騙す以外・・・

内藤哲也だって、「自由」にプロレスを楽しんでいるよね?
型にハマらず、自由にやりたいように・・・

勿論、内藤は頭がキレる人だから何かしらの戦略が常にあると思うけど、
プロレスを見ている我々は、楽しめればいいんじゃねー?

 

まずさー、書きたいことをバンバン書きなよ。
そして、1人の人間として愛されなよ。

例え、

99人を敵に回しても1人がファンでいてくれればいいじゃん。
1000人いれば10人がファンで、1万人がいれば100人もファンなんだぜ!

そう考えれば、「自由」でいいんじゃね?

今ある状況や環境で顔色伺いながら生きている、
万人受けしかしないような記事を書いている、
嫌われたくないから周りに媚を売っている・・・

 

・・・疲れないかい?

 

それが自分なの?

違うでしょ?

 

もっと、自由に生きなよ。
やりたいことをやりなよ。

お金が欲しい?

だったら「お金が欲しい〜!!!」とブログで叫びなよ。
そして、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと勉強しなよ。

世の中、捨てたもんじゃないぜ。
頑張れば頑張った分だけ返ってくるよー。

 

内藤哲也だって「トランキーロ」って叫んで
6か月くらいはスゲーブーイングだったんだぜ。

でも、「俺は出来る!」「絶対分かってもらえる」「絶対受け入れられる!」って思って必死に頑張った。

その結果が、今の内藤哲也!

 

最後、オカダのレインメーカーを避けてからのデスティーノ!

カウントが、「ワ〜ン〜ツゥ〜〜〜〜〜スリ〜!!!」
その瞬間、ミラノコレクション!?「マジかっ!!!」

 

最後のマイクパフォーマンス聞いた?
会場に訪れたお客さんが一緒になって

 

「ロス!インゴベルゥゥゥナァァァァァブレェェェェェス・

デ!ハ!ポン!!」って・・・・・

 

ちょっと、涙出たからね。

 

 

そして、ミラノコレクション

(会場の雰囲気)「もってったねっ!」
極めつけは、蝶野の「最後のマイクパフォーマンスまで素晴らしい!」・・・

 

 

人を感動させたいとか、
助けたいとか、受け入れてもらいたいとか・・・

本気であればあるほど、
お客様には伝わる。

それを証明したのが内藤哲也!
マジで、かっこいい!

男として尊敬するよ。

 

 

これからも応援するぜ!
間違いなく、今の新日本プロレスの「顔」だね。

中邑でもなく、棚橋でもなく、AJでもなく、
後藤でもなく、柴田でもなく、石井でもなく・・・

内藤哲也が「ナンバー1」!

日本は、幸福度ランキングで何位か知っていますか?そして、1位は、毎年ほぼ同じ国・・・

コラム

本人は、働きすぎ、そして、あなたも働きすぎ。

・・・しかし、なんでそこまで働かなければいけないのか?

 

・・・この問いについて、あなたは1度でも「真剣」に考えたことはありますか?

まぁ、考えたことがないから今でも「社畜」を続けられるのだと思うのですが・・・

 

単純に考えれば、生活するためのお金を稼がなければならないから働くのですが、それでも日本人は働くことが大好きですよね~ 汗

 

日本は、幸福度ランキングで何位か知っていますか?そして、1位は、毎年ほぼ同じ国・・・

つい先日・・・

世界の幸福度ランキングが発表されました。

2013年、2014年、そして、今年2016年にも「1位」に輝いた国は、ご存知でしょうか?

 

デンマークです。

 

ちなみに、日本は、53位。

 

国別幸福度ランキングというのは、国連が各国の幸福度を指標化した幸福度データのランキングです。

国民1人あたりの実質GDP(国内総生産)、健康寿命、社会的支援、人生選択の自由度、汚職レベルの低さ、寛容度を変数として幸福度を割り出したものらしく、一言で言えば、国民がこの国に生きていて良かったと思える人の割合のランキングだと考えていいでしょう。

 

で、

 

なんで、デンマークってそこまで幸福度ランキングが高いのか?1位なのか?

要因はいくつかありますが、特に際立つことを1つ取り上げたいと思いますね。

 

労働時間が短い

デンマークは、週37時間労働までという協約があります。
1週間5日働くとして、約7時間勤務。

そして、残業はほぼないことが分かりますよね?

 

そして、年間「6週間」の有給休暇を取るという制度もあります。

これを「日」に直すと、「42日間」となりますよね?

 

この数字を見て、あなたはどう感じますか?

単純に・・・「ありえない」と思いませんか?

 

 

 

なぜ、ありえないと感じるか?

それは、われわれ日本人との感覚にズレが生じているからです。

 

そのズレとは、

日本人・・・休みが多い。
デンマーク人・・・当たり前。

 

間違っていませんよね?

 

今、あなた自身の感覚で、物事を考えましたよね?

 

日本で生まれ、日本で育った我々は、デンマークという国で暮らしたことがありません。なので、自然と、自分の環境と照らし合わせてしまいます。勿論、そのズレは、誰もが思うことですし、その感情自体、当たり前・・・

けどね、年間の有給が42日間もあり、1日7時間労働の上、残業なしで、幸福度ランキングが1位って考えられないでしょ?

 

働かない方が、ランキングが高いんじゃないのか~???

 

日本って、残業大好きな国ですよね?

1日8時間働いて、尚且つそこから2時間くらい残業する・・・

そう考えると、日本人は、1週間で50時間も働いている。
対して、デンマークは、1週間で37時間ですよ。

この13時間の開き・・・日本人の1日の労働時間と変わりませんよね?

 

しかし・・・あなたは、今、幸せですか?

 

その生活、その休みの感覚、労働時間・・・当たり前だと思っていますよね?

 

われわれ、日本人は、働くことが当たり前で、残業することで生活しているもんじゃないですか?要は、給料が安いため残業しないと給料を増やせない・・・それが、あなたの感覚なはず。そして、有給を取ろうとすれば、上司から同僚から「嫌な顔」されてしまう・・・これが当たり前の感覚なんですよね。

 

勿論、デンマークだって蓋を開けてみれば、貧乏人はたくさんいると思います。

この幸福度ランキングの結果を見て、不満を漏らす人もいるでしょう。

 

けど、結局、この世は、「数字」がすべて、データがすべてなので、見えるものとして関心をどうしても寄せてしまいます。

 

僕は、この数字を見て、先月の「数字」を出してみました。

僕は、先月、どれくらい働いたか?そこまで詳しく覚えてないですが、おそらく時給にすれば1時間2万円くらいにはなるのではないでしょか?でも、この数字を聞いても、僕が1か月でどれくらい働いているかわからないと思いますが、とにかく僕は、あまり働きません。あなたみたいに、1日8時間働き、尚且つ、2時間も残業して休日出勤もする・・・そんな人生まっぴらです。

 

でもね~、僕もそのような時期はあったんですよ 笑

 

10時間働いて、家に帰ってから5時間パソコンに向かい、アフィリエイトの作業をする。

 

どれくらい続けましたかね~~~3年間くらいでしょうか?

 

それが、あるから今があるのですが・・・

 

しかしね、本業をやりながら5時間の作業出来たのは、「明確な答え」が分かったからなんです。どうしたらアフィリエイトで稼げるか?どうしたら、作業をしなくても収入を下げずに右肩上がりに出来るか?どうしたら、成功できるか?・・・分かったから睡眠を削り、プライベートを一切なくし没頭できたのです。

 

今のあなたは、その「明確な答え」が分からないから、作業をやってみたり、やらなかったり、このやり方で間違っていないのか?不安になったり・・・「時には息抜きも必要だー」って思うわけで・・・実は、その感情って「明確な答え」を知らないから思うことなんですよねー。

 

結局、アフィリエイトをしている人は、稼ぎたいわけですから、作業をやらなければ稼げない・・・

ただ、その作業が、労働であるのであれば、やり続けても意味がないことで、社畜となんら変わらないのですよ。

 

考えてみてください。

 

今のあなたの仕事って、出勤して仕事しないと給料もらえないですよね?
ましてや、退職すれば、給料も、信頼度も、貢献度も「ゼロ」になりますよね?

それって、働くだけ無駄ってことに気が付けませんか?

だって、ただ、ただ、会社に時間をプレゼントしているだけなんですよ。

 

 

時間って有限なのです。

 

 

この時間について深く、深く、深く、考えて、
大事に、大事に、大事にしようと思えば、
社畜として働く意味ってないんですよ。

 

いずれ死ぬのが人間です。

 

それに向かって生きていることに早く気づけば、良いだけなんですが、今は稼がないと、今は、借金があるので、今は、辞められないとか・・・僕には意味が分からないのですよ。

 

その思考、思想、真理状態だから、一生、「死のループ」にハマるのです。

 

僕、あなたに対してひどいこと言っていますか?

言っていませんよね?

 

だって、常識レベルでお話ししているので。

 

アフィリエイトで成功したいなら、まず、コピーライティングを真剣に、真剣に、真剣に・・・勉強してみてください。そうすれば、おのずと、迷わず、遠回りせず、死のループから抜け出すことが可能になりますから。そのきっかけを手に入れるためにもコピーライティングを勉強するべき。

 

コピーライティングとは?

 

ノウハウや、手法、裏技、テクニックをいくら学んでも答えは見つかりませんし、社畜、労働、受動的人間から解放されることは、一生ありません。

 

・・・かなり、重要な話をしていますよ、この記事では。

 

 

なぜ、ダウンタウンって売れ続けているの?

あなたは、考えたことありますか?

 

僕は、1度だけ「真剣」に考えたことがあります。

そしたら、答えが分かりました。

 

単純です。

 

 

 

 

ホリエモンは、なぜ、出所してからこれだけ発言に影響力があるのか?

考えたことがありますか?

 

 

 

 

矢沢永吉が、なぜ、カリスマでいられるのか?

 

・・・・・すべて、答えは「一緒」なのです。

 

この答えを導き出すことが出来れば、「時給2万円」なんて夢物語でも、おとぎ話でも、都市伝説ないのですよ 笑

 

では。

ページの先頭へ