「コピーライティング」の記事一覧

きれいな文章を書かなければおススメ商品は売れないの?アフィリエイトで成功できないの?

コピーライティング マインド

 

でも・・・

だって・・・

けど・・・

 

↑この、言い訳とも取れる・・・

これから屁理屈を「一生懸命」と述べようとする感じ・・・

 

きっと、コピーライティングを学ぼうとしている人間からすると、このような文言を使うことは「御法度」とされているはず。

 

けど、僕からしたら「でも、だって、けど」という文言を使うことは当たり前な気がするんですよね。

 

だって、考えてみてください!

 

あなたが、友達と会話するとき「でも、だって、けど」って使いませんか?

 

使いますよね?

 

けど、ブログに記事を書く時だけは「ダメ!」って・・・

チャンチャラおかしな話だと思いませんか?

 

普段の会話こそが人間にとっての「自然」であり、丁寧に、そしてきれいに文章を書こうとするから「不自然」で読み手の感情を動かすことが出来ないのですよ。

 

感情を動かすことが出来なければ、商品を買ってくれることはありません。

 

あなたの目的は、アフィリエイトなのに・・・

 

ね!

 

イイですか?

※これからあなたはこの記事を「必ず」最後まで読んでしまいます。その答えは最後の追伸で・・・

 

読者と言うのは、あなたのブログに「いくつものブログを経て」辿り着いているのです。

 

もし、10番目にたどり着いたブログがあなたのブログであるならば、9番目まで読者の心に刺さるブログは存在しなかったということになります。

 

・・・そこで、10番目のあなたのブログ。

 

読者は、目的を達成するために「過度の期待」をして10番目のあなたのブログを読もうとするでしょうか?

 

しないでしょ?

 

だって、9番目まで読者は目的を達成できなかったのですから、10番目だって「気持ち」は何も変わらない・・・

 

  • どうせ、大したこと書かれていないんでしょ?
  • どうせ、似たようなことが書かれているんでしょ?
  • どうせ、おススメ商品を売ろうとしている「だけ」のブログなんでしょ?

 

そこで、その読者の心を動かすためにはどーしたらイイか?と考えた場合、面白くて、感情が揺さぶられる活字を陳列しておかなくてはいけません。

 

また、9番目のブログ達には書かれていない「価値のある情報」、また「新鮮で斬新な切り口」で記事を書いておかなければあなたの10番目のブログも素通りされるのです。

 

そんなのイヤでしょ?

 

素通りされることを考えてブログ運営なんてしてないでしょ?

 

あなたの目的はアフィリエイトで稼いで成功者になることでしょ?

 

・・・だったら、こーすればいい。

 

きっと、これから紹介する方法を実践すれば読者はあなたの虜になりますよ、はい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・と、

あなたはココに答えが書いているとイメージしてしまったでしょ?

 

そして、ここまで、「でも、だって、けど」をたくさん使っていたでしょ?

 

つまり、ここまで読んでしまった「あなた」が存在しているという事実を僕は知っているから「でも、だって、けど」をガンガン使ったのですよ、ワザとね。

 

イイですか?

 

「でも、だって、けど」って冒頭に書かれていた時、基本で、きれいで、美しい文章がこのブログには書かれている!とイメージすることはなかったでしょ?

 

どちらかというと、殴り書きをイメージが出来たかと思うのです。

 

・・・でも、それでいいのですよ。

 

殴り書きがイメージ出来ても。

 

大事なのは、ここまで読んでいる「あなた」が存在している事実を書き手はイメージ出来ているかということ。

 

また、こんな殴り書きでも、アフィリエイトの世界で通用することを知っているのか?ということなのです。

 

世間的に、そして常識的に物事を考えた場合、他人に対して、また初対面に対してイヤな印象を持たれたくはない!と思うのが人間。

 

でも、そんなことは「誰もが」考えていることで・・・

 

重要なのは、印象を良くしたい!とか、嫌われたくないではなく・・・

 

読者の感情を動かし商品を売りたいことなのです。

 

そうですよね?

 

だから、殴り書きでも読者の感情揺さぶれて、おススメ商品が売れるのであればそれでいいのです。また、「でも、だって、けど」を使って、記事を書いてダメ!という固定概念は正直どーでもイイ。

 

大事なのは、先ほども言いましたが、殴り書きでも「でも、だって、けど」を使っても商品が売れるという事実。また、読者の感情を揺さぶる記事が書けるかどうか?さらには、最後まで記事を読んでくれている「あなた」がイメージ出来ているか?どうかということ。

 

追伸

ネット上で稼いでいるであろうブログのイメージって「きれいで、丁寧」に書かれているイメージがしますよね?だから、僕みたいなブログ記事の書き方が新鮮で斬新に感じたのだと思う。

 

例え、あなたが僕のブログにたどり着いたのが10番目でも、ここまで読んでくれているイメージは出来ています。

 

・・・だって、冒頭に「トリック」が埋め込まれていたでしょ?

 

そう、「※」ですよ、はい。

 

このテクニックはコピーライティングを学んできたからこそ使える「人間行動心理学」。

 

追伸に答えが書かれているという文言を書いているからこそ、最後まで読んでしまう。

 

コピーライティングを学べば誰でも使えるテクニックなのですよ。はい (#^.^#)

 

コピーライティングとは?

簡単に見えるものほど「極める」のが難しい、それがコピーライティング。

コピーライティング マインド

ぜ、パルメルさんはコピーライティングに「拘る」のですか・・・

答えなんて「1つ」しかないんですよ。

 

収入に上限がない

 

ネットビジネスって考えるだけで、

 

ブログ、ツール、アフィリエイト、YouTube、Twitter、Instagram、Facebook、キーワード、SEO対策、テンプレート、マインド、レポート作成・・・まぁ、色々覚えなくてはならないと考えてしまうのですが、基本的に「コピーライティング」が出来ていない人にテクノロジーを使っても意味がない。

 

もしかしたら、今のあなたは、上記のどれかについて考えて、悩んで・・・挙句の果てには挫折してしまって・・・僕から言わせれば、「書けない人」は、何をやっても成功なんて出来ないんですよねー。

 

お客様は、あなたの記事を見て、興味、共感、信用、関心、信頼して初めて「行動」を起こすのです。画像が素晴らしい!とかしゃべりが好印象!勉強になる!・・・でも最終的には「記事」を読んでお客様は「行動」するのです。そー考えれば、興味、共感、信用、関心、信頼、行動を活字で欠落することはありえないのですよ。

 

僕が言いたいことは、

 

  • 画像が素晴らしい ⇒ 記事を読む・・・遠回りじゃないですか?
  • しゃべりが素晴らしい ⇒ 次に記事を読む・・・回り道じゃないですか?

 

ってことなんです。

 

余計なテクノロジーを挟んでいませんか?ってことなんです。

 

結局、お客様が商品を購入するという「行動」の多くは、記事にて完結するのですよ。

だから、コピーライティングに拘るのです。

 

世に生きる人間というのは、ほぼ全員「ナマケモノ」なんです。何もしないで稼ぎたいと思っている「中途半端野郎」。そこから  ”あなただけ ” 脱却するためには何をしなければならないのですか?

 

答えなんて簡単じゃないですか?

 

「覚悟」をもって「本気」で取り組めばイイだけなんですよね。

 

環境がダメだとか、言い訳をするとか、マイナス思考だとか、お金が無いとか、借金があるから自己投資できないとか、友人の誘いを断りずらいとか、同僚の顔色が気になるとか、上司の意見は絶対!飲みに誘われれば断れない、家族が・・・子供が・・・家族サービスが・・・時間がないとか・・・正直、そんなことを考えている時点で思考、思想が間違っている。

 

本気になれば上記の「クダラナイ」ことは考えないし、記事を書くことが「第一優先」で考えれば時間の抽出は「簡単」に行える。

 

イイですか?

 

今、あなたの大切な、大切な、大切な時間を奪っているものは何ですか?

単なる「言い訳」だけだと気付けませんか?

しかも、その言い訳は、「自ら作り出しているもの」だと気付かないとダメなんですよ。

 

友人が作っている?

同僚が作っている?

上司が作っている?

家族が作っている?

子供が作っている?

 

いや、いや・・・違いますよ、

あなた自ら作り出しているもの。

 

だから、あなた自身の思考、思想が変われば言い訳なんてしないし、「記事を書くためには」・・・と「第一優先」に物事を考えだすのです。

 

それが本気、

それが第一歩。

 

では、その「本気」のベクトルはどこに向ければイイのか?

 

何度も言いますが・・・

活字です。コピーライティングです。

 

活字「だけ」に向ければイイのです。

まず、何も考えないで、「活字」だけに向き合う・・・ってこと。

 

ひたすら記事を書き、読者から「認められれば」コメントやお問い合わせといった「反応」はあるわけで、それに至っていないのであれば「まだまだ修行が足りていない」・・・これ程、簡単で明確な答えはないでしょうよ?

 

だって、記事が面白ければ読者は反応してくれるし、リピーターになってくれるし、面白ければ、更新が楽しみでしょうがなくなるし、スラムダンクやドラゴンボールだって「何回読んでも」おもしろいと思いませんか?

 

要は、面白ければ、何回も訪問するし、何回も読むし、その人のオリジナルコンテンツを欲しいと思うし・・・

だから、まずは、読者から認められること。

 

ココをクリアーにしないことには、何も売れることはないですし、まぐれで売れて浮かれることもないですし、価値のある情報だけをしっかりと更新し続ければ認めてくれるし・・・僕は、当たり前のことだけ言っていると思いませんか?

 

この方法が、遠回りで、メンドクサク感じて、やりがいが感じられないのであれば、会社に勤めればいいだけ。生涯社畜を満喫すればイイ。

 

冒頭でも言いましたが、僕が「コピーライティング」に拘る理由・・・

 

それは、収入に上限がない。

 

どうですか?

 

ここまで、読んでみてあなたは何を感じましたか?

コピーライティングって、凄い重要なんだな!って思いませんでしたか?

 

僕は、コピーライティングをマスターしてい。そして、あなたの想像以上の経験をし、想像以上の自己投資をしているからこれだけの記事が書ける。だから、今のあなたは、僕みたいな記事はすぐには書くことが出来ない。

 

でもねー、不思議だと思いませんか?

僕の書く記事って読みやすいでしょ?

だから、あなたでも簡単に書ける!って感じてしまうのです。

 

けどね、この記事のクオリティは、簡単には出せないんですよ。

なぜなら、簡単に見えるように書いているからなんです。

つまり、簡単に見える記事の中にたくさんの「意図」が盛り込まれているんですよ。

 

あなたが読んで、何かを感じ、熱くなるものがあり、そして、コピーライティングの重要性を知った、再認識した、やっぱり・・・といった感情は、僕が「コントロール」してるんです、この記事で。

 

信じられないと思いますが、本当の話。

 

要は、簡単に見えるものほど、極めるのは難しいのです。

アフィリエイトも低リスクで始められるため「簡単そう」に感じるのですが、この「簡単」こそ実は難しいのです。

 

活字って言うのは、「言葉の世界」に過ぎないのかもしれませんが、それは考え方が浅いだけで、実は、心底深く、極めるのにそれ相当の時間は要する。

 

これが府に落とせた瞬間、あなたは、マジで覚醒します。

信じられないほどに、世の中の景色が変わります。

 

それだけ、これからの時代を生きていくためには、「活字」が1番有効であり、極めれば極めるほど収入が増え続ける・・・まだ、あなたにイメージ出来ないかもしれませんが、イメージ出来るように、ひたすら書いてみてください。そしたら、イメージ出来るようになり、読者がどのような行動を起こすのか?手に取るように分かるようになりますので。

 

まぁ、信じられるかあなた次第ですが・・・

 

七不思議でもなく・・・

答えは、マジで「シンプル」・・・

複雑ではない wwwwwwwwww

 

結局何をやるにしても気合と根性ということになります。ものごとを複雑に考えずにシンプルにやるべきことをやる。by 堀江貴文(ホリエモン)

 

では。

 

コピーライティングとは?

ブログ運営が上手くいかない人は「クラウドソーシング」で稼ぐのが手っ取り早いし「自信」もつくと思う。

アフィリエイト初心者 コピーライティング 初心者用コンテンツ

7か月で「232万円」も稼いだの???

 

 

「クラウドソーシング」を使って、記事を「書く」のもネットで稼ぐ有効な手段である。

 

 

コピーライティングを学び、記事を書き始めたけど思うように稼げない、収益を伸ばせないなら、プライドを捨て「稼ぐ」ことだけに意識を傾け、「仕掛けられる側」に行くのも1つの手である。

 

勿論、将来的には、自分のブログで収益を出せるほうがイイと思うが、稼げない状態が続き、モチベーションを保てないのであれば、手っ取り早く、お金になる方がイイ。

 

そして、自分の書いた記事でお金を頂けるようになれば、その記事は「仕掛ける側」に認められたことになるので「自信」にも繋がると思う。

 

また、1文字単価が徐々に上がってくることを体感できるようになれば、それだけ、スキルが増したと証明できるのではないか?

 

カッコつけて、何としても自分の力で・・・という考えも悪くはないが、今現状を考えた時に「すぐにでもお金が欲しい!」状態にあるのであれば、クラウドソーシングで仕事を受けるのも1つの手。



クラウドソーシング「ランサーズ」


クラウドソーシング「ランサーズ」

なぜ、記事を書く手が止まってしまうのか?

コピーライティング マインド

間という生き物は本当に単純です。

なぜ、記事を書く手が止まってしまうのか?

 

それは・・・

 

集客が出来ないからです。

 

 

また、こんなことを考えられます。

書いても書いても、成果というアフィリエイト収入が入ってこないから。

 

さらには、記事はたくさんが書いたが、書いた分の収入が自分の考えていた金額より下回ったから・・・

 

まぁ、考えればそれにはたくさんの「原因」や「屁理屈」が出てくると思いますが、僕から言わせていただければ・・・

 

  • 何をすれば稼げるのか?
  • 何をすれば不労所得になるのか?
  • 何をすればアクセスが集まるのか?
  • 何をすれば読者のハートを鷲掴みに出来るのか?
  • 何をすれば成功できるのか?

 

・・・知らないから路頭に迷うのです。

 

結果、「根本」を理解していないから手が止まる・・・

 

 

いいですか?

 

 

考え方は、シンプルなんです。

 

あなたは、アフィリエイトで稼ぎたい。でも、出来るだけ記事を書きたくない。・・

 

・・・そんな気持ち、稼いでいる人だって同じなんです。1分、1秒でも効率的に仕事をこなせる術を探す、それは誰でも同じ。

 

ただ、違うのは、スタートダッシュが「本気」なのか?が重要なんですよ。

 

考えてみてください。

 

これから、あなたが就職するとします。最初からダラダラと仕事をやっていたら先輩から目をつけられ、煙たがれる・・・挙句の果てには、ほかの人には親切に教えているのにあなたに対しては厳しくなり・・・また、細かいことは教えてもらえず、仕事を覚えるスピードは遅くなる。

 

意味わかりますよね?

 

今のあなたというのは、稼いでいないわけ。だから、考えなければならないことは「本気」になってアフィリエイトに取り組めるかどうか?だけなのです。

 

最初は、アクセスが集まらない・・・と苦しい時期も当然あるし、投げ出したくなる時もある。人間ですから当たり前。僕だって、最初は、辛かった・・・

 

けど、今があるのは、その苦しい時も歯を食いしばって記事を書いたからなのですよ。

 

大切なのは、記事を書き続け、コピーライティングという「無敵で最強」なスキルを手に入れること。それさえ手に入れてしまえば、人生何も怖くはない。それだけ、ネットで稼ぐためには、あまりにも贅沢すぎるスキルがコピーライティングなのです。

 

想像してみてください。

 

あなたが1時間かけて書いた記事が、毎日1万アクセスが来る・・・そして、収入は毎日「10万円」だとする。それを可能にできているのは「コピーライティング」、文章の書き方だけなのです。

 

文章が書けない人は、1時間かけて1万アクセスがあろうとも収入は「0円」。これこそ、時間の無駄。中には、そんな人もいるんですよ。

 

だから、ここでコピーライティングというネットで稼ぐための最重要スキルを知ったことは、人生最大のもうけ話なのです。

 

僕自身も、コピーライティングという言葉を府に落とし、深く考えたとき、心臓の鼓動が「バクバク」と聞こえたくらい。

 

これ、本当にやばくねぇ~か・・・と。

 

インターネット上に、自分の書いた記事が一生涯残る・・・しかも、コピーライティングスキルを身に着けた記事たち・・・書けば書くほど。どんどん増えていくじゃん!

 

そして、どんどん、収入が増えていくじゃん!

 

100記事、200記事、1,000記事、10,000記事・・・僕の書いた記事たちは、インターネット上にたくさん転がっています。それが、収入を常に生み出し続けている。

 

もしこれが、コピーライティングを学んでいない記事であるならば、「0円」もあり得るかもしれない・・・そう考えたら「ゾッ」とします。

 

・・・それだけ、最強で無敵なスキルがコピーライティング。

 

取得するのに何年かかったっていいと思います。

 

人間、普通のサラリーマンなら一生涯「40年」働くことを考えれば2年や3年くらい大したことないでしょう?たった、2年で、一生苦労しないスキルが手に入ると考えれば頑張る以外の言葉は見つからないでしょ?

 

たった、2年頑張れないで、何を頑張れるのですか?

 

  • いつまでも、満員電車に乗り続けますか?
  • いつまでも、雪道運転をし続けますか?
  • いつまでも、汗かいて外回りを続けますか?

 

・・・あなた、アフィリエイトで稼ぎたいんでしょ?

早急に。

 

なら、近道はコピーライティングです。

これしかないのです。

 

ツールで作った記事・・・そんな記事をインターネット上にばら撒いて「数打ちゃ当たる!」と思っているのですか?そんな、くだらない記事で読者を信用・信頼出来ると思いますか?

 

いつまで続けますか?

 

そんなくだらない方法を・・・・

 

コピーライティングとは?

記事を最後まで読んでもらうためのコピーライティングテクニック。

コピーライティング

げない人の思考力として、記事を書いていれば最後まで読んでくれていると思っていますが、実は、あなたが書いた記事なんて「流し読み」程度・・・しいて言うなら、頬杖をついて読んでいるくらい、いい加減な気持ちで読んでいます。

 

・・・もしかして、きちんと最後まで読んでくれていると思っていましたか?

 

考えてみてください。

 

有名人でもない、素人の書いた記事を最後まで読んでくれるなんてありえない話じゃないですか?あなた自身も、アフィリエイトに興味があり、コピーライティングに興味があり、僕に興味があるからこそ最後まで読んでくれているわけで・・・

 

まずは、勘違いしないで下さい・・・ということをあなたに伝えたい。

 

でも、最後まで読んでもらわないことには、ラストのセールスも出来ないだろうし、SEO的にもあまり好ましくない。

 

滞在時間こそ検索エンジンの評価に値するので。

 

では、本題に。

 

記事を最後まで読んでもらうためのコピーライティングテクニック。

1つは、読者を引き込むことが重要。

そのためには、「過激な言葉」のチョイスも必要になってきます。

 

例えば、小池百合子知事が「ブラックボックス」というワードをチョイスしたことをご存知でしょうか?

 

このワードを挙ってメディアを取り上げましたね?ただ、小池百合子知事は「ワザと」このワードをチョイスしたと考えれば、実はコピーライティングに精通するものがあるのです。

 

もし、ブラックボックスを「見えない箱」と発言した場合、それには何のインパクトもなく、スルーされる。よって、大した話題にもならない。けど、あえて「ブラックボックス」と言ったのは「メディア」を意識したこととなるわけです。

 

つまり、記事を最後まで読んでもらうためのテクニックとして「インパクトのあるワード」チョイスが必要。それでいて、普段、友達や会社の人と話すことで「絶対に言ってはいけないこと」を記事の中に盛り込むのも手段の1つ。

 

では・・・

 

なぜ、「過激な言葉」をチョイスすると最後まで読んでもらえるか?

 

それは、普段慣れ親しんでいない言葉を「急に」目の当たりにしてしまうからです。

 

例えば、あなたが道を歩いていて、目の前にいる人が刺された場合、どのような行動を起こしますか?

 

きっと、「ゾッ」と、体の中に電気が走り、血の気が引き、その場で一瞬身動きが取れなくなる・・・そして、数秒後に我に帰り、助けを呼ぶなり、救急車を呼ぶなり、犯人を追いかけるなりの行動を起こすと思うのです。

 

でも、重要なのは、「ゾッ」と、電気を走らせること。上記の例はちょっと過激過ぎましたが、普段の会話で使われていない言葉をいざ目の当たりにすると人間は、喜怒哀楽を心の中で感じてしまう生き物なのです。はい。

 

それが、心理でもあるし、記事を最後まで読んでもらうテクニックの1つ。

 

⇒ 現代広告の心理技術101

 

まだ、まだ、テクニックはありますが、今日はこの辺で。

 

ページの先頭へ